スカイプちゃんねる

スカイプちゃんねるで、同じゲームしてる人が友達募集してたから、申請してちょっと話ししたんだけど、やっぱり共通の話題があると、盛り上がるね。
スカイプちゃんねるのいいところってこういう軽さなんだと思う。
出会い系とかだと、すぐに会おうとかエッチとか、そういう系になっちゃうだろ。
もっと深い付き合いを求めてるっぽいところ、俺、あれが苦手なんだよね。
向こうはガツガツと恋人募集してたり、金払いのいい男を探してたりするから、こっちのスペックをものすごく気にするし。
こっちは、ちょっと話して、会えたりしたらそれはそれでいい、という軽い感じだから、ちょっとそうガツガツ来られると、遠慮したくなる。
童貞狩りをしてくれる女の子を見つける為にサイトに登録
だけど、スカイプちゃんねるだと、ほんと、軽い感じで繋がれちゃうのがすごくラク。
通話した後は、なんとなく相手のことが分かってくるし、テキストメッセージだけじゃない良さがあるし。
後腐れないっていうのもすごくラク。
もともと、スカイプ好きなんだよね。昔の職場、職場内のコンタクトはスカイプだったの。
使い慣れてる方が、安心感あるし。
スカイプちゃんねるも、慣れてるアプリ使えるというところがポイントだったかな。
最近の人たちってカカオとかラインじゃん。
慣れれば難しいことはないんだろうけど、なんとなく俺、そういうの苦手なんだよね。
いくつかグループにも入ってるけど、ほぼ参加してないし。
ゲーム関係だと、スカイプちゃんねるくらいの関わり方でいいよ。
趣味関係でスマホのライングループに入っちゃうと、ちょっとウザイ感じがしてくるよ。
オフパコのやり方
ハッピーメールでセフレ募集

オナニー動画

小学生の頃は漫画家になりたくて、ノートに鉛筆書きで漫画をいっぱい描いていた。クラスの中では絵は上手かった方で僕のノート漫画は人気を博していた。しかし、中学から高校に進むに連れて、所詮小学生で絵の上手いレベルなんて井の中の蛙みたいなもので、自分のレベルでは到底太刀打ちできない才能の持ち主が次々と現れて、劣等感しか植え付けられなかった。僕のノート漫画なんて「フッ」て鼻で笑われたくらいだ。
こうして僕は早々に夢を諦めて、じゃあ漫画家以外に何になりたいか?と問われると何もないまま学生時代を過ごして、就職もできずに卒業を迎えたわけである。今はたまに日雇いのアルバイトをして細々と食いつないでいるしょーもない人生だ。
当然、お金もなければ彼女もいない。日々の楽しみと言えばネット上のオナニー動画でオナニーするくらい。オナニー動画用のネット代を払うために働いていると言ってもいい感じだ。
テレフォンセックス
そんな時、アルバイト先をクビになって実家に帰った僕が、することもなくて部屋の掃除をしていると、そんな小学生時代のノート漫画が出てきた。「必殺戦士シンジロー」というタイトルで内容は全く忘れていた。懐かしいなと思って読んでいたのだが、実は自賛ながらこれが面白かったのだ。もちろん絵はドヘタだが、「必殺技を撃つためには今の自分に満足しちゃだめだ!」と小学生作家らしからぬ人生訓が延々と語られていた。それはまるでオナニー動画で毎日ザーメンを垂れ流している未来の僕への過去の僕の警鐘のようにも聞こえた。僕にはシンジローのように必殺技を撃てるのだろうか?感慨深くなった僕は、僕の中に眠る必殺技を目覚めさせるために明日こそハローワークに出かけて仕事を見つけようと決意した。小学生の自分に教えられたような気持ちだった。
僕は小学生の頃の自分に感謝しつつ、掃除中に一緒に見つけたオナニー動画のDVDでとりあえずオナニーをした。
マンコ動画
無修正マンコ

オナニー鑑賞

高校の頃、隣に座る男子の山崎君が私は苦手でした。一言で言うとキモい。授業中に携帯をいじってニヤニヤしています。何を見ているのかと覗いているとオナニー鑑賞をしていました。しかも、音はだしていないけれど自分のあれを服の上から撫でていました。すると、山崎君の後ろに座る男子から「お前の彼女凄いよな。」と、その動画の女性が山崎君の彼女ということにも衝撃でした。それを授業中に見て本当に気持ち悪く私以外の女子からも嫌われていました。
マンコ図鑑
それから20歳になった経った頃に同窓会がありました。久しぶりにみんなと会えて楽しかったのですが、そこに1人知らない人がいました。誰と思って話しかけてみるとなんとあの山崎君でした。ダイエットと美容整形をしたということで本当に驚きました。そして、どうやら彼の両親は医師で彼は昔から両親にたくさんのお小遣いを貰っていてお金目的で彼女には不自由しなかったとの事でした。だけど、お金目的で俺のことを心から好きな彼女は誰もいないから見た目を変えてお金目的以外で付き合ってくれる彼女を今は探していると教えてくれました。「花井さん、高校の頃から可愛いなと思っていたんだ。昔の俺のことも知っているし良ければ付き合わないか。」授業中にオナニー鑑賞を見てニヤけていた彼が今では私を口説く。衝撃でした。確かに見た目は変わったけれど性格まで変わったのかも怪しい。とりあえず連絡先だけ交換してその日は終わりました。
その日の夜に彼からメールがありました。内容は今度食事に行こうというお誘いでした。迷いましたが給料日前でお金がピンチだったので奢りなら一度だけいいかと思い行きました。
テレフォンセックス
無修正のオナニー

ライブチャットガール

 最近のマイブームと言えば、ライブチャットでオナニーすることです。
それまでエロい動画とか、レンタルDVDとかで、シコシコやっていたわけなのですが、それとは魅力が全く違います。
なんと言っても、ネット上のこととは言え、対象物があるからです。
コミュニケーションを楽しみながら、異性と同時にオナニーを楽しんでいく。
女の子に命令してオナニーをさせて行くので、まるで支配者気分まで味わえるところに、猛烈な興奮を覚えている最中です。
25歳の俺は、実は熟女マニア!
だからライブチャットガールは、確実に30歳以上を選んでしまいます。
熟女のライブチャットガールは、かなり美味しいって言えます。
肉体が開発をされているから、敏感に反応してくれるからです
メチャクチャな反応を見せ、快楽に耽る姿はエロチズムそのものと言えるでしょう。
そんな熟女のライブチャットガールと、美味しい男女関係を作ることになりました。

 あさみさんは、37歳のバツイチ。
生活費をプラスするためと、不満な肉体を満足させるために、ライブチャットガールをやっていた人。
何度も支配的にオナニーをさせて、相手を興奮させたのが良かっのかもしれません。
リアルで関係を持ってもいいと返事をくれました。
幸いお互い同じ県内。
車で行けば、さして時間のかからないところにいましたから、待ち合わせしてもらうことにしました。
ライブチャット オナニー

 ライブチャット上では、ハッキリ顔は見せていなかったのですが、目の前で見たところ、それなりの見た目。
悪くはありませんでした。
肉体は豊満、大きなオッパイが印象的な人。
カメラ越しに見たあの肉体が、今目の前にあると思うだけでも興奮が強烈になり、運転中にフルオッキになってしまいました。

 実はセックスがしたかった熟女でしたから、駆け引きのようなものも殆んどなく、スムーズにセックスが始められたのは良かったと思います。
命令口調で「フェラをしてみな」と言うと、恭しくしゃぶり出してくれました。
さすが熟女のテクニックは強烈!
ひたすら舐め続けている姿が、本当にスケベ。
全裸にして、素晴らしい肉体を食べていくことになったのですが、敏感過ぎる反応に興奮はうなぎ上り。
こちらも我慢ができなくなり、正常位からズッコンバッコン。
オッパイは揺れるし、大きな喘ぎ声は出るし、最高過ぎでした。

 現在あさみさんは、従順なセフレとして自分の肉便器になってくれています。
あさみさんも、元気なチンコの俺にはかなり夢中になってくれています。
テレクラ
ライブチャットでオナニー